絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

Switch/PS4/Steam『RIVE』レビュー!主砲連射!オッサンが巨大宇宙船で大暴れの360度アクションシューティング!

f:id:daikai6:20181001213455j:plain

 

RIVE:アルティメットエディション | フライハイワークス

 

『RIVE』のレビュー行くぜ!

 


メーカー:フライハイワークス

機種:Switchダウンロード専用ソフト

ジャンル:アクションシューティング

発売日:2017年12月7日

価格:税込1500円


 

多脚戦車を操作して戦闘メカの群れと戦いまくるSFアクションシューティングだ!

俺が遊んだのはフライハイワークスから配信されたSwitch版だが、

レイニーフロッグからPS4版も発売中。Steam版もあるぞ。

Switch版は『アルティメットエディション』という副題が付いていて、

HD振動や、おすそ分けプレイで2人で1つの自機を操作するモードなどがある。

 

バランス調整が甘いところもあったが、敵を粉砕する爽快感に様々なギミック。

たまにちょっかいを出してくる管理ロボと主人公のおっさんによる

悪態交じりのやりとり笑えて楽しい一本だった。

 

f:id:daikai6:20181001213533j:plain

 

ゲームを始めると多脚戦車に乗って宇宙を旅していたおっさんが隕石群に遭遇。

「誰もが知っているゲームミュージックをつけて…」などと言って音楽をかけながら

マシンガンで隕石を破壊するオープニングステージが始まる。

 

まずこの音楽が凄く聞き覚えあるというか……ボカした言い方をすると、

いくらコナミがしばらくグラディウスの新作出してないからってマズいですよ!

ってBGMですね!

確かに誰もが知っているゲームミュージック!

 

主人公が一昔前のBGMをかけながら、

ゴキゲンな運転を見せて暴れるシーンから始まるというのはノリノリの映画っぽい。

 

f:id:daikai6:20181001213605j:plain

 

そして辿り着いた巨大宇宙船からの脱出をするのが目的で、

一本道のステージクリア型アクションゲームとなっている。

宇宙船を管理しているドローンが文句を言いに来たり、

主人公がそれを無視して設備をぶっ壊したりしながら進んでいくストーリー展開。

 

このドローン、喋ってる最中に銃撃でぶっ壊すことが可能な上に、

何度もぶっ壊すと破壊不可能のバリアを張って文句言いながら出てくるのが最高。

 

f:id:daikai6:20181001213623j:plain

 

操作は左スティックでの移動、

ZLボタンでのジャンプ、右スティックで狙いを付けての銃撃が基本で、

稼いだお金でサブウェポンを購入すれば

ミサイルや範囲内の敵をシビれさせる電撃攻撃なども可能になる。

耐久力も上げられるぞ。

 

重力があるのでジャンプで足場などを乗り継いでいく必要がある場面と、

重力が無いので全方位にフワフワと移動しながら、

敵の攻撃に対応する必要がある場面を織り交ぜながら進む構成だ。

 

数十と迫りくる戦闘メカを一斉射撃でぶっ壊して

アイテムをジャラジャラと回収したり、

巨大回転ノコギリやレーザー、宇宙船内を走り回る電車を避けつつ慎重に進んだり、

溶鉱炉の中を死に物狂いで突き進んだり、

襲い掛かる巨大ボスとボス部屋全体を使った死闘にと、

宇宙船内と限定された舞台ながら盛り沢山の展開。

 

f:id:daikai6:20181001213653j:plain

 

ハッキングでトーチカやナースドローンを一時的に味方にして同時攻撃をしたり、

弾数に制限のあるサブウェポンを、

ここぞという場面で敵の動きを先読みして命中させられると気分爽快。

光と爆発のエフェクトが綺麗で、

SwitchではそこにHD振動も加わるので実に手応えがイイゲームだ。

 

f:id:daikai6:20181001213717j:plain

 

ステージクリア時に自分で花火を打ち上げて祝福する演出や……。

 

f:id:daikai6:20181001213734j:plain

 

定期的に煽りを入れてくる管理ドローンに、

皮肉交じりでの応酬を繰り返す主人公と、ちょっとしたところのノリが楽しい。

てめぇには人の心ってもんが無いのか!(人ではない)

 

f:id:daikai6:20181001213800j:plain

 

そしてまた出てくるどっかで見たようなボス戦!まずいですよ!

2つの火山……じゃなかった、下の2つの砲台から飛び出す火炎弾を避ける場面だ!

こういう演出、宇宙船内で戦闘メカや殺人トラップの実験をしている管理ドローンが、

名作シューティングゲームを遊んでいるという描写が元になっている。

 

f:id:daikai6:20181001213817j:plain

 

難易度はノーマルでプレイしても結構苦戦するが、

死んでもすぐ手前から何度でも再開出来るのが救い。

 

死ぬ時に画面に表示されるメッセージが

「みじん切り!」「あばよ!」

「コインを入れてください!」「LOVE IS OVER」などと

無駄に何十種類もあるのがまた細かいぜ。

一緒にアドバイスも表示されて有用なものも多いんだが、

全然関係ないものも交じってたりで遊び心が炸裂。

 

f:id:daikai6:20181001213838j:plain

 

パロネタでやや痒いところに手が届いてない言い回しがあったりはするが、

ローカライズは全体的に良い感じだと思うぜ。

 

f:id:daikai6:20181001213854j:plain

 

ただ、「画面外から高速でザコ敵が突っ込んでくる」

「狭い場所で延々と戦うことになる」の2つで難易度を上げている場所がかなり多く、

直前から無限コンティニュー出来るとはいえさすがに大味に感じるバランス。

この辺りはもうちょっとなんとかしてもらいたかった。

ノーコンティニュー縛りで遊ぶモードあるんだけどやる気にならんぞ!

 

特殊条件クリアに挑むチャレンジモードも面白いんだが、

チャレンジをクリアしても、

リアルで次の日にならないと次が解禁されない謎仕様が難。

 

f:id:daikai6:20181001213911j:plain

 

ポンコツメカに乗った時代遅れのおっさんが、

ドローンの煽りを聞き流しながら重火器をぶっ放す爽快アクションシューティング。

調整にやや難はあったものの、敵を撃つ気持ち良さや楽しさはしっかりあるし、

節々の豪快な展開やぶっ飛んだエンディングはお気に入り。

 

1周クリアまでに4~5時間くらいで、

複数のモードやオンラインランキングもあるので遊ぼうと思えば色々出来る作りになっている。

ノリが気に入った人や、分かりやすいアクションシューティングがやりたい人ならそこそこオススメだぜ。