絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

Switch「マニュアル・サミュエル ~死神との約束~」レビュー!俺の体はマニュアル駆動!ノリは良いけどボリューム不足!?

f:id:daikai6:20181105152706j:plain

 

Nintendo Switch|ダウンロード購入|マニュアル・サミュエル ~死神との約束~

 

 テヨンジャパン最新作『マニュアル・サミュエル』のレビュー行くぜ!

 


メーカー:テヨンジャパン

機種:Switchダウンロード専用ソフト

ジャンル:アクションゲーム

発売日:2018/11/01

価格:1000円(税込)


 

金持ちのボンボンだった主人公のサムが事故で死亡!

そのまま落ちた地獄で出会った死神のデスオからある取引を持ち掛けられる。

24時間の間、不自由な体をマニュアル操作で動かす生活をして、

死なずに過ごすことが出来れば蘇生して貰えるというものだ。

 

ここで言うマニュアルは「車のオートマとマニュアル」的な意味合いね。

 

f:id:daikai6:20181105161025j:plain

 

手足の動きに呼吸や瞬き、会話すらままならない状態で、

サムは無事に一日を終えて蘇生することが出来るのか?!という内容だ。

 

雰囲気と設定が面白そうだし、テヨンジャパンの新作ということもあって即購入。

まあ面白かったが……ちょっと物足りなさもあったな!

 

f:id:daikai6:20181105161505j:plain

 

操作方法はL、R、ZL、ZRボタンで両手と両足を動かすスタイルで、

定期的に瞬きや呼吸もボタンを押して行わないといけない。

歩いていると背骨が曲がってしまう時もあるのでその時も修正が必要。

マニュアル操作なので、普段は意識せずに行う行動も自分でやる必要があるのだ。

 

シャワーを浴びる、歯を磨く、着替える、コーヒーを飲む。

こんな普通の行動も上手くいかずに失敗したリ、

階段から足を踏み外して転がったりしちゃうし、

こっちが何かする度に皮肉たっぷりのナレーションが入るのも笑えるぜ。

ボタン連打で店員にチップを連射するような無茶苦茶な行動をすると

呆れたような突っ込みが入ったり、バリエーション多いのが良い。

 

f:id:daikai6:20181105161834j:plain

 

ラッパー口調で茶化しまくる死神のデスオと共に、

車に乗ったり職場に行ったりの珍道中が繰り広げられる。

 

転ばないように右足と左足を交互に出すことに集中してたら、

瞬きを忘れて眼球がどんどんヤバくなっていったり、

呼吸を忘れてサムの顔がどんどん青くなっていったり。常に慌てさせられる作りだ。

 

歯磨きをしてる最中に息が苦しくなってきたので

つい呼吸しちゃってむせたり。マニュアル操作って大変!

 

 

f:id:daikai6:20181105162114j:plain

 

ステージによってやる事も変わるし、モブキャラもイカれた連中ばかり。

朝の支度に出勤といった日常から始まり、

徐々に地獄の釜が開いたようなブラックジョーク満載の展開に突入していくのだ。

 

f:id:daikai6:20181105162732j:plain

 

面白いんだが難点はボリューム不足なところ……。

終盤でちょっと手こずったが、それでも1時間30分くらいでクリアできたので短い。

一本道で出来ることも多くないからどうしても物足りないぜ。

 

あと、個人的には日常パートが短いのも不満。

「マニュアル操作だから普通のことをやるのもこんなに大変!」

というところが面白いのに、

割と早い段階でぶっ飛んだファンタジー展開に突入してしまうし、

進むにつれて単に操作性が悪いだけのアクションゲームみたいになる構成が残念だ。

 

何気ない日常の行動が、

マニュアル操作で爆笑に変わる序盤の展開はかなり楽しかっただけに、

友人と遊びに行くとか、レストランで食事をするとか、恋人とデートするとか、

そういう方向で話を広げて死神とバカをやるようなノリが見たかったなあ。

 

まあ、つまりボリュームが少ないという話になってしまうんだが……。

 

f:id:daikai6:20181105162625j:plain

 

ローカライズは誤字と脱字がちょっと目立つが問題ないレベルだし、

オマケで読める本編を補完するコミックも好き。俺も死んだら地獄に行くわ!

 

f:id:daikai6:20181105162642j:plain

 

『ヒューマンフォールフラット』や『オクトダッド』のような、

操作が難しいのが面白いし笑える!というタイプのアクションゲーム。

強烈なキャラクター達やコンセプト、エンディングは好きなだけに色々と惜しい作り。

1000円の一発ネタと割り切って買えばまあアリ、かな。