絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

Switch『教えて おねだり将棋』レビュー!清々しい一発ネタ!将棋の勝敗が画像のアンロックと関係ない潔い作り!

f:id:daikai6:20190227205118j:plain

 

Nintendo Switch|ダウンロード購入|教えて おねだり将棋

 

教えておねだり将棋のレビュー行くぜ!

 


メーカー:シルバースタージャパン

機種:Switchダウンロードソフト

ジャンル:教えてあげちゃう将棋

発売日:2019/02/21

価格(税込):800円


 

将棋ゲームの老舗で、『ラビ×ラビ』とか『激投戦士ナゲルンダー』とか

良い感じのDLゲームも出しているシルバースタージャパンが、

突如としてぶん投げてきたセクシー将棋ゲームだ。

 

将棋は駒の動かし方は分かるってレベルなんだけど、

イロモノ感に負けて買ってしまったぜ……。

まあ『ハチワンダイバー』は全巻読んでるからなんとかなるだろう。

 

f:id:daikai6:20190227205652j:plain

 

対局中に-ボタンを押すことで

画面に健全な将棋ゲームの画像を表示可能な「ママが来たモード」を搭載している上に

初回特典でこの画面にもセクシーショットを表示する

「ママが来ても意味が無いモード」が付いてくるとか発想がおかしい……。

 

どうしちまったんだよ銀星!

『タッチバトル戦車』の売れすぎでおかしくなっちまったのかい!?

 

f:id:daikai6:20190227214425j:plain

 

いらすとやの画像を使った『謎解きメール』とかを

PS4とSwitchで配信してた頃のお前に戻ってくれ!

 

f:id:daikai6:20190227211047j:plain

 

ゲーム内容は将棋初心者である3人の「おねだりガールズ」に、

プレイヤーが将棋を指導して好感度を上げていくというものだ。

「おねだりガールズ」はさとう愛理、兎乃 結衣、花宮いのりの3名。

さとう愛理さん、普通にAV女優じゃん!

 

相手が対局をしている途中にピンチになると、

「待った!」や「ヒントちょうだい」などとおねだりをしてくるので、

それに答える事で好感度が上昇、断ると好感度ダウンだ。

好感度下げていくとかなり不機嫌そうな低い声になる。

 

「ヒント」は1回だけ相手の代わりに駒を動かせるので、

わざとヘボい手を打って自分を有利に出来るのが面白いぞ。

こいつ飛車取られて喜んでやがるッ!

 

f:id:daikai6:20190227213135j:plain

 

また、女の子をタッチすることでこちらも「待った!」を使うことが出来る。

タッチ操作はこのためだけに使い、

将棋ゲームなのにタッチで駒を動かしたりは一切出来ない割り切りっぷりである。

 

難易度は将棋まるで出来ない俺でも勝てるくらいにゆるゆるだが、

好感度が上がっていくと多少強くなってくる。

操作しないでいると次に指す手が表示されるヒント機能があるので、

辛くなってきたらそれを使うのも良い。

 

f:id:daikai6:20190227212009j:plain

 

そもそもこのゲーム、ギャラリー画像のアンロックは勝敗と関係ないんだがな!

普通は「勝てたらアンロック」にするとこなのに、ここの割り切りっぷりも凄い。

これには将棋がまったく出来ない俺もニッコリ。

 

ただ、3段階ある好感度レベルそれぞれで数回ずつ対局を終えないといけないので、

ギャラリーコンプを目指すとちょっと面倒。

二歩をした瞬間に負ける自殺機能みたいなの欲しかった。

 

f:id:daikai6:20190227212001j:plain

 

ギャラリーは各ガールズそれぞれに100枚以上のコスプレ写真を収録。

似たような写真が多かったりはするが、

和服で生足を強調する花宮いのりなどきわどい画像もチラホラ。

画像はちゃんと大きく表示できるので、『真・電愛』で怒った俺も満足。

もうちょっと画質が良ければ嬉しかったが。

 

ご褒美動画も用意されているが、短いし画質悪いしでイマイチ。

 

f:id:daikai6:20190227212235p:plain

 

すげぇビックリしたのがチャイナドレスのご褒美画像にパンチラがある点!

水着扱い……?いや、これどう見てもパンツだぞ!?

チラッと見えてるくらいだが、

Switchでこれが認められているというプレミア感でテンション上がったわ。

 

内容はそのくらいで、適当なボイスを聞きながら

淡々と対局をして画像をアンロックしていくだけだが、

さすがに老舗だけあって思考時間は短く、

駒を動かす時に移動範囲が表示されるなど基本は押さえてある。

 

普通に将棋やりたい人にはまったくオススメ出来ないし、

800円という価格も難しいところだが、

本格的な将棋ゲームなら同じメーカーから『銀星将棋 強天怒闘風雷神』という、

他機種版はフルプライスだった作品が1200円で売られているし、

公式サイトを見たままの一発ネタとしてはまあアリではあるかな。

 

ちなみにPS2の『ハチワンダイバー』のゲームもこのメーカーから出ています。