絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

Switch「Conga Master Cruisin」レビュー!ダンス中毒患者を増やして踊り狂えッ!お手軽リズム(要素は無い)アクションゲーム!

2452.jpg

Nintendo Switch『Conga Master Cruisin』公式サイト

『Conga Master Cruisin』のレビュー行くぜ!


メーカー:シティコネクション

機種:Switchダウンロード専用ソフト

ジャンル:行列ダンサーアクション

発売日:2018年2月22日

価格:税込980円


海外でSwitch版やPC版が好評を博していた『Conga Master』を、

ジャレコキチで知られるゲーム会社シティコネクションが独自ローカライズをして日本発売したものだ。

ジャレコの名作『シティコネクション』の主人公であるクラリスが参戦し、

アレンジBGMも収録した内容になっているぞ。

(※シティコネクション:青髪の美少女クラリスが運転するクラリスカーを操り、

パトカーをクラッシュさせつつ世界中を巡るアクションゲーム。

たまに出てくるネコを轢くという重罪を犯すと1ミスになる。ダンス要素は無い。)

完全にメーカーの趣味でクラリスがぶっこまれてるじゃねーか!

クラリスカーも出てこないのでクラリスは徒歩でバーに来た模様。

内容はそこら辺にいる人をどんどん巻き込みながら、

踊って踊って行列を作っていくステージクリア式のアクションゲームだ。

リズムゲーっぽいがリズム要素は無いぞ。

マルチプレイ用のモードやエンドレスモードなども搭載している。

システムは単純だが楽し気な雰囲気やBGMがとても良いし、

クラリスの1人や2人では特に問題ないくらい小ネタ満載であった。

124 (3)

まずは行列の先頭となるコンガマスターを選択。

ある程度性能差はあるが、大きく手触りが変わるほどではないのでノリで選んでも大丈夫だと思う。

124 (4)

選んだキャラがバーに乗り込んでゲーム開始!

自動で直進するキャラをLとRボタンで方向転換させながら移動。

LかRを押しっぱなしにするとその場でグルグル円を描くように動くぞ。

LRボタン同時押しでダッシュとなる。

バーにはそこら辺に歩いている人がいるので、

近づいてゲージが満タンになるまで踊り続けると仲間になって後ろをついてくるようになる。

124 (13)

行列を伸ばせばそれだけ複数の人を巻き込みやすくなるので、

踊って踊ってどんどん行列を伸ばしていくのだ!

自分が連れている行列にぶつかっても大丈夫だが、

仲間に引き込んでいない人にぶつかると怒ってゲージがリセットされてしまうので注意。

バナナの皮とか、床をツルツルになるまで磨くお邪魔キャラもいるので華麗に回避していこう。

俺の踊りを止めようなんざ2万年早いぜ!

ステージには回復アイテムやパワーアップアイテムも散りばめてあるので有効活用したい。

画面下に表示されたMOMENTUMゲージがゼロになるとゲームオーバー。

時間経過で減っていき、仲間を増やすと回復。連続して仲間を増やすとコンボになって大きく回復する。

時間が経てば経つほど減少量が大きくなっていくため、迅速かつ早急に踊り狂わねばならないぞ。

仲間を増やすとその仲間の属性に対応したクリアゲージが上昇していくので、

すべてのゲージをMAXに出来ればステージクリア。みんなで次のバーへ移動だ!

124 (15)

しかし次のバーへの移動中にはUFOが出現。せっかく獲得した仲間たちを吸い込んでいくぞ。

このゲームは『シティコネクション』ではなく『フィールドコンバット』だったかッ!

(※フィールドコンバット:洗脳されて襲い掛かってくる兵士をUFOで捕らえ、

正気に戻して再び戦場に送り込んで戦わせるジャレコ初期のシューティング)

ジャンプで障害物を避けながらUFOのトラクタービームを避けていくのだが、

どう頑張っても最大5~6人くらいしか残らないので潔く宇宙人にダンス贄を提出しないといけない!

この時、吸い込まれた人数に応じて貰えるチケットで回すルーレットでは

新キャラのアンロックや、次のステージ開始時に一定時間かかるパワーアップなどが手に入る。

UFOからのアブダクション手当ということかな……。

次のバーに着いたら散っていた仲間たちの分まで踊り狂おう!

124 (10)

訪れるバーにはどっかで見たようなポーズで喜ぶ中華娘とか、

目が繋がっているイカっぽい髪型の人とか、ロボコップっぽい人とか、

更によく見るとドンキーコングっぽいゲームや、

ストリートファイターIIっぽいゲームの筐体があったりで細かい。

動いてるとこを見ると、この解像度でもちゃんと元ネタが分かるのに感心。

他にも日本のゲーム、アニメの小ネタが満載になっているぜ。

124 (14)

ハンバーガーとおにぎりを食べているどこかで見たような少年も……。

いや、アレックスキッドじゃねーかこれ!?

125.jpg

1141_20180306234843b4f.jpg

マルチプレイ用のモードも「THE LAST CONGA」だの

「CONGA HUNTER」だの「12CONGA」だの、どこかで聞いたような名前ばかり!

名前ネタでは「COMMAND&CONGA」が一番笑った。

内容は長い列を作った方が勝ちとか、相手の行列をアイテムで切れるとか、

本編のルールを軽くアレンジしたものになってるぜ。

124 (12)

いわゆる「スネークゲーム」の要領でどんどん列を伸ばしていく単純なアクションゲームだが、

仲間の位置やアイテムの位置を覚え、

「どう移動すれば効率よく仲間を増やせるか?」を考えてルート構築する覚えゲー的な面白さがあるし、

何より、ノリノリのBGMと共に踊りまくるキャラを動かして、

背景で生き生きと騒ぐ客や、ツッコミ甲斐のあるオブジェが満載のバーを練り歩くのがそれだけで楽しい。

BGMも名曲揃いで、2番目のバーで流れる『シティコネクション』のアレンジverがまた最高にイイのだ!

やたら耳に残る最終ステージの曲もお気に入り。

まあ、単純なゲームなので飽きるのも早く、

ルールにもうひと捻り欲しかったなとは思うんだが、

全ステージクリアした後もエンドレスモードをちょいちょい遊びたくなる内容ではあるね。

雰囲気が気に入ればオススメだぜ。