絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

Switch「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」レビュー!期待を裏切らない完成度!こだわり溢れるファミコン風ADVに大満足だ!

f:id:daikai6:20190130061038j:plain

 

偽りの黒真珠[いつわりのくろしんじゅ] 伊勢志摩ミステリー案内 - ハッピーミール株式会社

 

Nintendo Switch|ダウンロード購入|伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠

 

『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』のレビュー行くぜ!

 


メーカー:フライハイワークス

機種:Switch

ジャンル:ファミコン風アドベンチャー

発売日:2019/01/24

価格(税込):1000円


 

ハッピーミールが開発したファミコン風アドベンチャーゲームだ。

キャラデザは『オホーツクに消ゆ』などでお馴染みの荒井清和。

2017年に3DS用ソフト発表され、

機種変更やフライハイワークスへのパブリッシング変更などもあり、

発売まで紆余曲折あったがついに発売。

 

こだわりを感じるグラフィックにテキスト、

それでいて理不尽さの薄い遊びやすいバランスにと、

実に理想的なファミコン風ADVに仕上がっていたぜ。

 

Nintendo Switchで出すから、

「レトロ風」ではなく堂々と「ファミコン風」という言い回しが使えてる!

 

f:id:daikai6:20190130093345j:plain

 

ストーリーは刑事であるプレイヤーとその後輩である開明寺ケンが、

上野公園で発見された変死体を調べるところからスタート。

証拠を探っているうちに伊勢地方の真珠に辿り着く。

早速2人は伊勢志摩に向かうことになるが、

そこでは様々な人物との出会いと陰謀が待っていた……というものだ。

 

f:id:daikai6:20190130094601j:plain


システムはファミコン時代に多かったコマンド選択式のADV。

色々な場所に移動して聞き込みや調査で証拠品を集めていき、

ゲームを進行させていくのだ。

主人公は基本的に喋らないので、調査や会話は相棒のケンを通して行うぞ。

あちこち調べてフラグが立てばストーリーが進む昔ながらの作り。

 

いかにもな画作りに表情の変化、

キャラによって高さの異なる効果音に合わせて表示されるセリフのテキストなど。

まさにファミコン時代のADVそのまんまだ!

 

f:id:daikai6:20190130094800j:plain

 

しかし、あくまでも舞台は現代なので普通にスマホが出てくるぞ。

分からない地名が出て来たら場所をネットで検索!連絡もスマホでOK!

お店に行こうと思ったら、

「ごちログ」という情報サイトに載っていた地図が役に立たないので、

直接連絡をして場所を教えてもらうなんて描写もあったり。今風~!

 

f:id:daikai6:20190130104057j:plain

 

特定のタイミングでアプリゲームを遊ぶことも出来たり。

こ、これはハッピーミールが10年ほど前に携帯アプリとして発表し、

その後、非売品のファミコンソフトとして実際のカートリッジ化までしていた

『忍者カイ』じゃないか!CMも公開されてた!

 

f:id:daikai6:20190130101224j:plain

 

観光名所から大手企業の本社、寂れたお店、居酒屋、スーパー銭湯などなど。

とにかく訪れることになる場所が豊富で、

調べることで表示されるテキストも沢山用意してある。

遊んでいて飽きさせない作りだ。

 

f:id:daikai6:20190130103551j:plain

 

また、観光地でケンが飯を食ってそれを食レポするシーンが何故か多かったりする。

 

f:id:daikai6:20190130123126j:plain

 

腹の減るゲームだぜ……。

 

f:id:daikai6:20190130104502j:plain

 

多数出てくる登場人物たちはみんなしっかりとキャラが立っている。

ヒロインである珠海とカナちゃんは2人とも可愛いし、

他にも会話していて和むキャラから油断出来ないキャラ、

クズっぷりが妙に生々しいキャラまでバラエティ豊か。

 

f:id:daikai6:20190130101244j:plain

 

警察に対して飄々とした態度を取りながらも

重要な情報を提供してくれるジャーナリストの西沢が好きだなあ。

 

名前が無いようなモブキャラもいちいち味のあるセリフを残していくし、

コケシカットの受付さん辺りは特に印象的だ。

 

f:id:daikai6:20190130094925j:plain

 

常に一緒に行動することになる相棒のケンが本当に良いキャラしてて、

女の子にデレデレしたり、ちょっと観光気分だったりと抜けたところもありつつ、

要所ではしっかりと有能なところを見せてくれる良い後輩だぜ。

 

ストーリーもちょっとした証拠品から次々に情報が出てきて、

それを追っているうちに新しい謎や展開が浮かび上がってきたりと、

遊んでいて続きが気になる構成になっている。

 

テキスト含めて緩すぎず、殺伐とし過ぎずの雰囲気も良いし、

個人的にはスマホの存在を

しっかりとシナリオに絡めているところが特に気に入ってるぜ。

これのおかげでただのパロディではない、

現代のADVならではのシナリオになっている。

 

ちょっとした不気味さの演出も上手いところで、

思わぬところでドキッとさせられるね。

 

終盤になってくるとやや分かりにくい箇所はあるものの、

行ける場所がそんなに多くなく、フラグ管理も難解ではないから難易度は低め。

「これはファミコンのゲームでたまによく見る面倒なヤツだ!」

と思うような箇所があってもサクッと切り抜けられるようになってるぞ。

 

f:id:daikai6:20190130093404j:plain

 

ゲーム中に+ボタンを押すことで見られる説明書の凝りっぷりも必見!

電子説明書なのにメモするスペースがあったりと良い意味で無駄な作りがイイ。

 

また、このゲームにはボーカル入りのテーマソングが

2曲存在していて結構良い曲なんだが、説明書を開いたところでしか流れないぞ。

ファミコンのゲームでボーカル入りのテーマソングが流れたらおかしいもんね!

こだわり!

 

画面表示やテキストを大きく出来たりとシステム面も親切ではあるんだが、

テキストの早送りが出来ないので総当たりで調べてる時はちょっと煩わしい。

セーブファイルが1個だけなのと、オートセーブされないのも不便。

オートセーブ無しはこだわりかもしれないがセーブファイルは複数でも良いと思う。

 

キャラの名前が入れ替わっているようなテキストのミスが

そこそこあったのもちょっと気になったかな。

 

f:id:daikai6:20190130095141j:plain

 

クリアまでは3~4時間ってところ。

ファミコン風のADVとして非常にこだわって作られているのが伝わる内容で、

それだけで終わらず、新作のADVとしてちゃんと面白い作品になっていたぜ。

PVや公式サイトを見て湧き上がってくる期待を裏切らなかったゲーム。

 

火曜サスペンス的なストーリー構成で二転三転しつつも、

とても綺麗にまとまった内容になっているので、クリアした後の満足度が高かった。

新規ADVは謎や伏線を残したまま予告なく続編に続くものが多いが、

本作はしっかり完結しているのでここは強調しておくぞ!

 

ファミコン世代はもちろん、

1000円で手軽に楽しめるADVを求めている人にもオススメ出来る内容だったぜ!