絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

Switch/PC『ザ・ウェイ ~トワの誓い~』レビュー!求めるは永遠の命!美麗2Dアートワークで送る謎解きADV!悪くはないがもう一歩?

f:id:daikai6:20190527155718j:plain

 

Nintendo Switch|ダウンロード購入|ザ・ウェイ ~トワの誓い~

 

『ザ・ウェイ~トワの誓い~』のレビュー行くぜ!

 


メーカー:テヨンジャパン

機種:Switch/Steam

ジャンル:アクションアドベンチャー

発売日:2019/04/25

価格(税込):1200円


 

すっかり良作インディーゲームのローカライズに

定評のあるメーカーとなったテヨンジャパン新作。

『アウターワールド』辺りの影響が強い2Dの謎解き&アクションADVになっているぜ。

 

演出やグラフィックは良かったんだが、

謎解き周りのバランスは今一歩ってところだったかな。

 

f:id:daikai6:20190529155456j:plain

 

主人公のトムが最愛の妻であるサラを蘇らせるために、

永遠の命「エターナルライフ」を求めて異境の惑星を冒険するというストーリーだ。

 

ゲームを開始するとトムがサラの墓を暴き、死体を冷凍カプセルに入れた後、

宇宙船を強奪するために基地に忍び込むという、パンチの効いた導入から始まる。

主人公の危うさがフルスロットルで伝わってくるぜ!

 

f:id:daikai6:20190529160645j:plain

 

目的地到達、アイテム入手など、次にやるべきことはタスクとして表示されるので、

達成を目指して行動していく。

攻撃を受けたり高所から落下すると一撃死となるが、

すぐに直前のチェックポイントから復活出来るようになっている。

 

f:id:daikai6:20190529173142j:plain

 

 

宇宙船を手に入れて出発してからは、神秘に満ちた星での大冒険が始まる。

未知の動植物が息づき、途方もない大自然と超文明が広がる背景の描き込みや、

キャラの動きなどが非常に細かく雰囲気バッチリ。

 

f:id:daikai6:20190529173414j:plain

 

丸腰から始まるが銃を手に入れれば敵を倒せるようになるし、

更にゲームを進めていくと様々な超能力を入手可能。

 

f:id:daikai6:20190529164637j:plain

 

レーザーを跳ね返せる「シールド」や、物を動かせる「テレキネシス」。

自分の現在位置をポイントに設定して、

そこに一度だけ瞬間移動できる「テレポート」があり、

これらを活用して進んでいくのだ。

 

敵の攻撃を跳ね返してスイッチに当てたり、

瞬間移動で敵の後ろを取ったり、物を動かして足場を作ったり。

なかなか手強い謎解きが満載だぜ。

 

f:id:daikai6:20190529172230j:plain

 

ティンカンと名付けた猛獣が相棒として登場し、協力して進む場面もある。

背中に乗って高いところに上ったり、物陰に隠れて敵を強襲して貰ったり。

強くて可愛いヤツだぜ。

 

f:id:daikai6:20190529173527j:plain

 

謎解き要素の強いアクションゲームになっているが、

次々に場面転換していくので飽きさせない構成にはなっているね。

遺跡を調べてエターナルライフの謎を探っていく過程で、

あちこち移動することになったり、思わぬ妨害を受けたりと波乱万丈。

 

f:id:daikai6:20190529160743j:plain

 

ローカライズはフォントも含めて違和感ない作りだ。

そこまで多くは無いがボイスもすべて日本語になっていて、

主人公の声もなかなかキャラに合っていたな。

敵を倒した時に「やるか、やられるかだ!」とか妙にノリノリで言うのも好き。

 

f:id:daikai6:20190529160612j:plain

 

バウンティハンターの日本語ボイスはかなり面食らったが……!

さすがにこれは元からこういうキャラだったんだろうか。

出番少ないのにインパクト強かったぜ!

 

f:id:daikai6:20190529164606j:plain

 

ただ、謎解き部分の完成度がもう一つで、

せっかく超能力を活用するシステムなのに

よくあるスライドパズルや線を繋げるパズルをやらされるだけの箇所が多かったり、

無駄に右スティックの微調整を使わせられるパズルがあったり、

途中からストレス溜まることの方が多かった。

 

f:id:daikai6:20190529175804j:plain

 

落ちたら即死の小さい足場を何度もピョンピョンして進むとか、

触ったら即死の蒸気の間をタイミング見計らって移動するとか、

移動の操作性があんまりよくないのに無駄に細かい操作を要求されて、

失敗したら一撃死でやり直しの箇所も目立つ。

直前のチェックポイントから無限に復活出来るとはいえ

なんでこんなめんどくさいことをやらなきゃならんのだ!となった

 

f:id:daikai6:20190529175906j:plain

 

セリフが少ないからこそ活きる主人公の描写や時間経過の表現など、

演出はところどころでおっ!と思わせる部分もあって引き込まれたし、

エンディングも凝っていたぜ。

ただ、そこにいたるまでの主人公の狂気と執念を考えると、

ちょっとしっくりこないストーリーではあったな。

 

f:id:daikai6:20190529160806j:plain

 

悪いゲームじゃないんだけど

個人的には謎解きもストーリーもちょっと合わなかった……という感想。

まあ、雰囲気が好みならってところかな。