絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

4gamerで『デジボク地球防衛軍2』開発者インタビューが公開!ユークスのEDF愛を聞けッ!

 

[インタビュー]地球防衛軍のお祭りゲーム「デジボク地球防衛軍」シリーズはどのようにして生まれたのか。そこには挽回を誓う不退転の覚悟があった

 

4Gamer.net にて『デジボク地球防衛軍2』のインタビューが公開!いつも答えている岡島部長だけでなく、開発を担当したユークスのメインスタッフが揃っている。発売一カ月後のタイミングだからこその貴重な内容になっているぞ。

 

岡島氏:
 2010年くらいから弊社には,地球防衛軍のナンバリングと同じくらいの看板タイトルを作りたいというテーマがあり,いろいろと模索を続けていたんです。

 

岡島部長のこの発言、実感としてすげぇ分かる。ほぼ上手く行ってないテーマですね……『カスタムメックウォーズ』とか作ってんじゃねーぞ!

 

ユークスはシリーズファンから不評だった『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』からの挽回が悲願だった話や、当初はブラザーではなく「武器の擬人化」という発想だった点。プログラムやパラメーター設定の話、『地球防衛軍6』とは開発期間が少し被っている状態だったなど。興味深い発言が続々。やっぱりシリーズファンの開発陣が執念で作り上げたゲームだったんだなぁ。

 

上野氏:
 はい。ですからデジボク地球防衛軍の開発は,まずナンバリングシリーズのクリアデータを作るところから始まっています。

 細かいところだと「ダロガ」の爆発するレーザーは弾が青色で,爆発の瞬間だけ黄色い光になりますが,こちらはデジボク地球防衛軍でもしっかり再現しています。ナンバリングシリーズをフレーム単位で解析して,ボクセルの世界に落とし込んでいます。

 

資料が無いから全部目コピで作ってるのも凄い話だ……。いや資料用意してあげて!?そして設定資料集出して!

 

 

7月11日に配信されるDLCに期待が持てる発言でインタビューは締めくくられているぞ。前作もDLC力入ってたので楽しみ!

ただ、このゲームってDLC全部入れるとブラザーと武器コンプの難易度が上がるんだよな……。ミッションパックだけ買えばいいんだけど、せっかくならシーズンパスで全部入れたいところだし。まあ気にせずやっちまうか!

 

【レビュー】「お祭りゲーム」から独り立ちした最高の続編!『デジボク地球防衛軍2』【PS5/PS4/Switch】 - 絶対SIMPLE主義

 

ゲームのレビューに関してはこちらを。

前作やってない人もいきなり続編からで大丈夫です!