絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

3DS DLソフト「りき伝説」レビュー!FC時代のくにおくんの魅力を凝縮して切り出した1本。

IMG_7367.jpg

PS4でアーケード版熱血硬派くにおくん遊んで高まったくにお熱の勢いでクリアした

りき伝説のレビュー行くぜ!

りき伝説|熱血硬派くにおくんシリーズ

りき伝説はアークシステムワークスから2012年の12月12日に800円で配信された3DS DLソフトだ。

2011年にパッケージソフトで発売された3DSの「熱血硬派くにおくんすぺしゃる」のスピンオフ作品。

前日譚をりきの視点から描いた作品となっている。

開発はエープラスだ。ダマスカスギアが俺に好評のメーカー。

くにおくん風ファンタジーアクションのSWORDS & DARKNESSや、

パッケージの熱血硬派くにおくんSP 乱闘協奏曲もここだな。

IMG_7357.jpg

花園高校サッカー部に所属してエースとして活躍していたりき。

しかし都大会の決勝戦を前にしてサッカー部のメンバーが相手高校の応援団から襲撃を受ける。

仲間を助けるためにたった一人で相手を全員叩きのめすが

事件が問題となってりきは半年間の停学。

サッカーも出来なくなり、怠惰な毎日を送っていたりきだったが、

東京制覇という新たな目標を見つけて正義の不良として立ち上がる!

今度はサッカーではなく拳に夢を乗せて!目指せ東京制覇!

という、今では選ばれし勇者が伝説の剣を持ってドラゴン倒しにいくのと同じくらいに王道ファンタジーな話だ。

IMG_7371.jpg

背景などは3Dだがジャンルは2Dの横スクロールアクションゲーム。

基本操作は方向キーかスライドパッドで移動、Aボタンでパンチ、Bボタンでキック、A+Bでジャンプ!

以上だ!ファミコン時代のゲームまんまのシンプルな操作形態。

キーコンフィグで自由に変更可能で、ジャンプも使ってないボタンに割り振れる。

俺はYボタンに設定してたぜ。

IMG_7372.jpg

LとRボタンで画面を拡大したり角度をつけたりが可能。ここは3Dっぽい作り。

拡大するとお馴染みのドットキャラが大きく表示されてヌルヌル動くのがなんか楽しい。

操作は簡単だが、落ちているゴミ箱や棒を拾って相手をボコボコに殴ったり、投げつけたり、

倒れてる相手をボコボコにしたり、倒れてる相手を持ち上げて別の敵にぶつけたりと、

少ないボタンで多彩なアクションが繰り出せる。今も色あせない喧嘩アクションだ。

ストーリーを追っていく内容だが、街を好きに歩きまわれてお店で買い物も出来る。

レベルアップの要素や装備アイテムなど少し変わっている仕様もあるが、

基本的にはファミコンの「ダウンタウン熱血物語」に近いノリだね。音楽もアレンジが多い。

敵の落とすお金を溜めてお店でアイテムを買うことで

新しい技を覚えたり、食事をしてステータスを上げたりといったRPGっぽいシステムを搭載。

敵はたまにボタンなどの換金用のアイテムを落とすことがあり、特定のキャラに売却可能。

レア度の高い換金用アイテムだと高値で売れるので嬉しい。

最初はパンチやキックなどの基本的なアクションだけだが、

買い物をすれば高速でパンチ、キックを繰り出すマッハキックやマッハパンチ。

空中から強力な攻撃を仕掛けるきゅうこうかパンチやキック。

棒を持っている状態でしか使えないが非常に強力なぼうじゅつスペシャルなどなど。

どんどん色々な技が増えていくぞ。

IMG_7373.jpg

買い物をする時のこのりきの笑顔!

そして今回もあったか!「ざいんどすりーな」!

オリジナルのダウンタウン熱血物語にも出てきて、

これがテクノスジャパンが当時出していたシューティングゲームだったことは大人になってから知った。

アーケードアーカイブスで出してくれないかなザインドスリーナ。

IMG_7360.jpg

シリーズ1作目である「熱血硬派くにおくん」のリメイクが3DS版「熱血硬派くにおくんすぺしゃる」で、

本作「りき伝説」はそのすぺしゃるの前日譚とちょっとややこしいが、

とりあえず前日譚なのでお馴染みのキャラクターやステージもあちこちで登場。

アーケード版からマイルドになってはいるがみすず怖い!

IMG_7358.jpg

ゲームセンターには見覚えのあるポスターが……。

IMG_7361.jpg

出てくる不良を喧嘩アクションで薙ぎ倒してお金を溜めて、買い物をしてキャラを強化して先に進む!

爽快感のあるアクションゲームにRPG的な買い物の楽しさをプラスした内容だ。

俺は元になっているダウンタウン熱血物語がくにおくんシリーズで一番好きなので、

「ああ、やっぱくにおくんは楽しいなあ!」と浸りながらプレイできたぜ。

飲食店で食べられるメニューのムダな多さとかやっぱりイイ。

不満点はボリュームの少なさ。

1周するだけなら2時間ちょっとで終わってしまう。

難易度も低め。すくりゅーときゅうこうかアタックが強すぎてほとんどこれだけで進めてしまう。

一応、難易度はやさしい・ふつう・はーどが選べるが、はーどでも凄く難しいってほどではない。

すべてを引き継いでの2週目もあるので、全部のアイテムを買ってみるのを目標に遊んだりはできるが。

あと、ボスキャラがダウン中完全無敵で追い討ちできないのがちょっとストレス溜まったかな。

物足りなさはあるが、FC時代のくにおくんシリーズの魅力を凝縮した内容で、

800円でファミコンのゲームを買ったと割り切れれば十分楽しめる。

サクッと遊べるし、くにおくんシリーズをまったくやったこと無い人も入門編として入りやすい1本ではあるかな。