絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

キャラのドット演技に君も泣け!『くまのレストラン』レビュー!【Switch】

 

 

くまのレストラン ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)

 

『くまのレストラン』のレビュー行くぜ!

 


パブリッシャー:Odencat

機種:Switch

ジャンル:アドベンチャーゲーム

発売日:2021/6/17

価格(税込):1500円


 

死者に最後の晩餐を振舞うレストランを舞台にした、短編のアドベンチャーゲームだ。

大ヒットしたスマホ版を元にした内容で、

Switch版は新エピソードの収録や、グラフィックの一新など、大幅に手が入っているぞ。

縦長だったスマホ版のグラフィックを、すべて横長に描き直してるとこに気合を感じる。

 

コテコテな泣かせ系のストーリーなんだけど、

演出やキャラ、そしてドットによる演技でこちらを引き込んでくる作りで、

読み終えた後に素直に「いい話だった!」と思える1本だったぜ。

 

f:id:daikai6:20210731221253j:plain

 

スーファミ時代のスクウェアのRPGから、影響を受けてるのが分かりやすい画風!

死者が集うレストランの店長である「くま」と、

それを手伝う助手である「ねこ」の物語だ。

 

プレイヤーはねこを操作し、やってくるお客さんに食べたい料理を聞く。

彼らの記憶にダイブし、その中で料理の詳細を探る。

それを聞いたくまが実際に調理をするのが基本の流れ。

 

f:id:daikai6:20210731222028j:plain

 

システムは単純で、途中で選択肢はあるもののストーリーは一本道。

謎解きやゲームオーバーも無いので気楽にプレイ出来る作りだ。

 

f:id:daikai6:20210731222927j:plain

 

様々な死因でやってきた様々な世代が、想い想いの食べたい料理を上げる。

くまが作ることになる料理は納得いくものから、

こんなのでいいの?と首をかしげるものまで十人十色。

 

f:id:daikai6:20210731221355j:plain

 

料理を出した彼らが死んだ瞬間を見る事も出来る。

色々とショッキングなんだけど、

彼らを深く知ることにもなるのでつい漏らさず確認してしまうな。

ちなみにこの要素、スマホ版では広告を見ると死因が見れる仕様だったそうで。

悪魔みてーな仕様だな!と思ってしまった。

 

f:id:daikai6:20210802202232j:plain

 

お客さん1人1人はキャラ付けがテンプレ的で、

エピソードも短いのであっさりした作りではあるんだけど、

記憶毎に描き込まれた個別の背景を用意しているので、出番は少なくても印象に残る。

「料理」と「死」という、誰にでも訪れる喜びと喪失を描いているから、

どこかで登場キャラに感情移入出来るようにもなってるね。

 

f:id:daikai6:20210731221444j:plain

 

ドットによる「演技」が本当に見事なゲームで、これが物語とキャラに彩りを加えている。

一番印象に残るのはくまが料理をする時の細かい動きで、

注文ごとに変わる手つきが実にバラエティ豊か。

特にこのフライパンを振るモーション、遊んだら絶対忘れられなくなるぞ。

 

f:id:daikai6:20210802203608j:plain

 

朝起きたねこが部屋か出る前に、パジャマから着替えるところも好き。

 

f:id:daikai6:20210802234509j:plain

 

ゲームが進むと物語はレストランの外に広がっていき、

ちょっとダークな展開を挟みつつ、再び「くま」と「ねこ」の物語へと収束していく。

実は自分の事が分かってない「ねこ」の過去に関するエピソードは……こんなん泣くって!

 

序盤は「悪くないけどかなりサクサク進んじゃうなー」って印象だったんだけど、

中盤以降の展開から一気に物語に引き込んでくるし、

そうなると序盤に出会った登場人物たちの存在も効いてくる。

途中の元気玉展開が唐突過ぎる以外は、よくまとまってるシナリオだと思ったね。

 

ただ、作り手の「スーファミ時代のゲームっぽいトラウマ描写をやりてぇ~~~!」

って欲望がにじみ出てるシーンがあって、そこは少しやり過ぎ感あったかも。

俺は好き!

 

f:id:daikai6:20210731221501j:plain

 

数時間ほどでクリア可能なボリュームだが、

残酷な世界の中できらめく優しさを、

細やかなドット描写に乗せてプレイヤーの胸に届け、

ダメ押しとばかりに素晴らしいBGMでぶん殴ってくる。

こういうストレートに泣かせに来る話、めっきり弱くなってしまったぜ……。

良いゲームだった!