絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

正体不明の電車でホラー連発!シリーズ最高傑作『臨時終電』レビュー!【Switch】

f:id:daikai6:20200830203434j:plain

 

Nintendo Switch|ダウンロード購入|G-MODEアーカイブス13 臨時終電

 

 『臨時終電』のレビュー行くぜ!

 


メーカー:ジー・モード

機種:Switch

ジャンル:アドベンチャー

発売日:2020/08/27

価格(税込):500円(Switch)


 

ガラケーの作品をSwitchに復刻する『G-MODEアーカイブス』第13弾。

2011年に配信されたホラー作品『臨時終電』の移植となっているぞ。

選択肢によってストーリーが分岐するノベルゲームで、

2006年の『千羽鶴』、2007年の『ナイトハイク』に続くシリーズ第三弾だ。

システムなどは引き継いでいるが、

ストーリーは独立してるので本作からでも問題なし。

 

ストーリーは「臨時終電」という聞き慣れない表記でやってきた謎の電車に、

終電を逃した主人公が迷い込み、

乗り合わせた乗客たちと恐怖の体験をするという内容だ。

深夜の電車は身近な題材ということもあり、今も昔もホラーの定番だね。

 

f:id:daikai6:20200901165650j:plain

 

チープさがクセになる!恐怖と懐かしのホラーノベル!『G-MODEアーカイブス11 千羽鶴』レビュー!【Switch】 - 絶対SIMPLE主義

 

今度の舞台は夜の山!チープだが味わい深いB級ホラーノヘル『G-MODEアーカイブス12 ナイトハイク』レビュー!【Switch】 - 絶対SIMPLE主義

 

過去の『千羽鶴』シリーズのレビューはこちら。

『ナイトハイク』から4年開いてるから、当時は久々の新作って感じだったのかな。

Switchにシリーズまとめて移植されたので3作通してプレイしてみたが、

『臨時終電』は現状でのシリーズ最終作だけあって、

シナリオ、システム、演出すべての完成度が高まっていて感動したぜ。

 

f:id:daikai6:20200831163937j:plain

 

まずフォントの解像度が『ナイトハイク』 と違ってて4年の月日を感じさせる!

主人公は広告代理店に勤める鶴見進。

 

f:id:daikai6:20200831190415j:plain

 

他の乗客は白いワンピースを着た清楚系ヒロインの会社員である高崎あかり、

失業中でツンツンした態度の小湊幸子、

三流雑誌記者でスクープを狙う南武浩太、口が悪い大学生の吾妻勇二、

辛気臭さがにじみ出てる主婦の烏山めぐみの5名だ。

 

f:id:daikai6:20200901171103j:plain

 

物語は選択肢によって様々に分岐。ホラーからSF、感動からギャグまで様々。

今回はメインとなる流れが一本あって、そこから派生していく構成だ。

「臨時終電」という名前が付いたこの電車はなんなのか?

登場人物たちはどういう経緯でこの電車に乗ったのか?

ゲームを進めていくと少しずつ分かっていく。

 

f:id:daikai6:20200831164240j:plain

 

分岐によっては主人公以外の視点で進む「視点乗り換え」パートに入る。

そこで特定の選択肢を選んでフラグを立てて、

主人公の視点に戻ると終盤の展開が変化する構成だ。

選択によっては主人公の視点に戻らず、

そのまま個々のエンディングになることもある。

 

「視点乗り換え」パートは5人分用意されているから、

メインキャラ1人1人の掘り下げが細かい作り。

 

そしてメインストーリーの真相に辿り着くには、5人の視点すべてを乗り換えた上で、

メインシナリオに戻れるルートを通る必要がある。

複数の視点を上手く乗り継いで本線に合流し、真相という終点までたどり着く……。

なるほど電車が題材のホラーだなと思わせる構成だぜ。 

 

f:id:daikai6:20200901175453j:plain

 

こう書くと難しそうだが、今回はフローチャートもあるし、

「視点乗り換え」パートの選択肢でフラグが立つと、

画面左上に赤いランプが点灯していくので分かりやすい。

 

f:id:daikai6:20200831164255j:plain

 

今回はフローチャートもあるから未読の分岐も一目で分かるぜ。

もちろん既読スキップもあるし、セーブスロットも3個+オートセーブ1個だ。

 

f:id:daikai6:20200831164043j:plain

 

過去作ではあまり機能してなかった、選択肢の度にカードを消費し、

対応したカードが無いと選択肢が選べないシステムだが今回は一味違う。

 

限られた選択カードで試行錯誤しているうちにどんどん分岐が増えて、

読み進めていくとエンディングリストが埋まり、カード枚数が増えていく。

そして最後はスムーズに真エンディングに辿り着くことが出来る。

という流れを作れているから、過去作からの進歩を感じたなぁ。

 f:id:daikai6:20200901174920j:plain

 

過去作に比べると表情の枚数も増えているし、文章の質も高まっている。

何が起こるか分からない謎の電車での恐怖体験の数々に、

ルート分岐によって発生する電波展開や脱力ギャグも見所。

今回はしっかりしたメインルートがあるから、

展開がガラッと変わる別ルートの面白さが引き立つね。

 

f:id:daikai6:20200903014329j:plain

 

登場人物はみんなキャラ立ってるんだけど、

カッコつけてる時とイキりっぷりの落差が笑える吾妻勇二は

なかなか美味しい立ち回りだったなぁ。

小湊幸子も可愛いし個別エンディングが好みだった。

 

f:id:daikai6:20200831164134j:plain

 

クリアまでは3~4時間ほど。

携帯アプリのゲームだけあって今回もコンパクトな作りだけど、

シナリオの密度はなかなかのもので引き込まれた。

全体の流れを後半に活かす構成がよく出来てるし、

メインルートは割とご都合主義なところも含めて好きな終わり方。

 

とりあえず全部の選択肢を選べばOKの『千羽鶴』『ナイトハイク』に比べると、

少し難易度が上がっているが、

ノベルゲームとして間違いなくシリーズ最高傑作だった!

シリーズまとめて移植してくれたおかげで進化が体感できてよかったぜ。

オススメです!