絶対SIMPLE主義

Switch/PS4のダウンロード専用ソフトを中心に全方位でゲーム紹介するブログ。SIMPLEシリーズも応援中。

Switch/3DS「ブラスターマスターゼロ」レビュー!血液沸騰!万能戦車で地球を救え!男のロマン溢れるレトロ風探索アクション!

147 (1)

ブラスターマスター ゼロ│公式サイト

ブラスターマスターゼロのレビュー行くぜ!


メーカー:インティ・クリエイツ

機種:3DS/Switchダウンロード専用ソフト

ジャンル:アクション

発売日:2017年3月3日

価格:980円(税込)

備考:スイッチ版はアシスト機能を使った2人プレイに対応。


インティ・クリエイツがニンテンドースイッチのロンチに送り出した2Dの探索アクション!

3DS版と同時発売だったが俺はスイッチ版をプレイ。

ちなみにスイッチ版はproコントローラーに対応していなかったが、最近のアプデで使えるようになった。

1988年にサンソフトからファミコンで発売された「超惑星戦記メタファイト」をベースにした新作で、

公式には新たなエリアやボス、サブウエポンの追加、アクション性の改善、

シナリオと探索要素の拡充をしていると書かれているな。

タイトルはメタファイトの海外版である「ブラスターマスター」の方を使ってる。

俺はメタファイト未プレイなので新作としてプレイしたが、

アクションゲームとして面白かったし

音楽やシナリオや演出も血液が沸騰するデキだったぜ!

14 (6)

ストーリーは天才少年ジェイソン・フラドニックが見たことの無い生物を発見し、

フレッドと名前をつけて調査を始めるところから始まる。

ジェイソンが「いっき」のシャツを着てドヤ顔で研究していたらフレッドに逃げられてしまい、

後を追っていたらなんか地下世界に突入。

14 (7)

そこで超カッコいい万能戦車「ソフィア-III」と出会ったジェイソンが

フレッドを連れ戻すために地下世界での冒険に出発するというものだ。

14 (3)

2Dの探索アクションゲームで、ソフィア-IIIに乗って進行していく。

万能戦車だけあって飛んだり跳ねたり自由自在。

探索して見つけた新たなパーツを装備することで

壁走りやブーストジャンプなどが可能になり更に機動性アップ!

どんどん探索範囲を広げていくのだ!

メタルスラッグもビックリの高機動っぷりだぜ。

147 (3)

狭い場所やハシゴのある場所などでは戦車から降りてジェイソン単独で進むことも。

攻撃力が大幅に落ちるし、ちょっとでも高い所から落下すると即死!

ドンキーコングやスペランカー時代のゲームを思わせるシビアさ。

なるほど元がファミコンのゲームだと納得!人間のひ弱さを痛感するぜ。

147 (16)

あちこちにダンジョンの入り口があり、入るとこのような上から見下ろした画面に切り替わる。

最大で9種類の武器を使い分けてギミックを突破し襲い掛かる敵を倒していくのだ。

例外もあるが基本的にボス戦はこちらのパートで行うことになる。

戦車と人間形態の2つを使い分けて広大なフィールドを探索し、

見つけたアイテムで自分とソフィア-IIIを強化しつつ探索範囲を広げていくのがゲームの流れだ。

147 (20)

地下世界は複数のエリアで構成されているが、メニュー画面からマップを見ることが出来るし、

マップデータを取得すればそのエリアのマップが全開放される。

探索してない場所はすぐ分かるし、主人公の独り言やマーカーで次の目的地が示されるので

探索型アクションとしてはかなり親切設計。

ヤバい場所やボス前には必ずセーブポイントがあるので死んでもすぐやり直せる。

147 (5)

序盤はやたら見ることになる「信号が消えた…?」のセリフ。

147 (11)

こちらは途中で登場する謎のヒロイン、イヴが加わると武器の使い方など更に色々と教えてくれるぜ。

イヴ、ド王道のヒロインだったなあ。

147 (22)

ソフィア-IIIもジェイソンも多彩なメインウェポンとサブウェポンが使用可能で、

ソフィア-IIIで射角を調整してミサイルやらレーザーやらをガンガン撃ちまくりの戦車戦は楽しいし、

ジェイソンを操作して様々な武器を使い分けて戦っていくのも面白い。

14 (2)

ダンジョンではガンエネルギーアイテムを取るとジェイソンのガンレベルが上昇し、

強力な武器が使えるシステム。

ガンレベル最高で使えるウェーブがあまりにも強いので、

とりあえずザコ敵やブロックを破壊してエネルギー溜めて

ウェーブってればゴリ押しできちゃうバランスではある。

が、敵の弾を反射できるリフレクトでカウンターを狙ったり、

火炎放射で氷を溶かしたり、フラッシュボムで敵の目をくらませたり、

動き回る敵を地雷で爆破したりと敵に合わせた戦法を狙うことでもグッと有利になる作りだぜ。

ソフィア-IIIの武装だとホーミングミサイルで鬱陶しい敵を掃除するのも良いが、

何と言っても「アクセルブラスト」が最高……!

終盤使えるようになるロマン砲で、もうロマン砲としか説明しようがない。最高。

147 (8)

147 (9)

いかにも「ボス戦!」な登場演出と共に展開される巨大ボス戦が多いのも魅力!

どいつもこいつもイカした動きで個性的だ。

147 (19)

演出もファミコンっぽい雰囲気を保ちつつ非常に凝っていて、

特にこのダンジョンの水のうねり表現やボスの予兆を感じさせる演出は見事。

スイッチ版だとHD振動に対応していて、武器をぶっ放した時の感触が実に爽快だし、

ダンジョン内でのギミックに合わせた使い方も緊張感マシマシで良かった。

音楽も文句無し。どの場面も気絶しそうなほどカッコいいぜ!

早くもサントラ発売が決まったのが嬉しい限り。

テキスト自体はあっさりしてるものの、

後半の展開は燃え展開をぶっ込みまくった魅せまくりのストーリー展開でテンション上がりっぱなし!

147 (18)

非常に楽しいゲームだが、ショートカットが少ないため、

「新しいアクションが増えたから前のエリアに戻ろう!」なんて時はちょっと面倒だ。

元々のファミコン版からの仕様らしいんだけど、

何かありそうで何も無いダンジョンがちょいちょいあるのもちょっとストレスだったかな。

最後の最後にセーブしちゃうとラスボス戦から戻れなくなるのも気になった。

147 (10)

1周クリアまで9時間ほど。

やや大味なところもあったが、

ストーリーも音楽も演出も爽快感も現代に合わせた親切設計もしっかりしてて、

とても良いレトロ風の探索ゲームだった!と清々しい気持ちでエンディングを迎えられた。

スーパー戦車!ドット!レトロ風!王道燃え展開!と俺の好きな要素が多すぎる……!

多彩な武器を撃ちまくれるし、ヒントもセーブポイントも多いのでサクサク進めるが、

難しいところはちゃんと難しい作り。

こういうレトロ風のゲームが好きな人や

手軽にプレイできる探索アクションを求めている人にはオススメだぜ。満足!